ColorVu

午後11時ごろ、警察は緊急通報を受け、現場に急行した。公園で暴行事件が起きた。犯人がが突然彼女を襲い、財布を奪い、逃げた。犠牲者は事件の時に公園から家に向かっていました。警察は現場を調査したが、 犯人に関する有用な情報は見つけられなかった。夜間に起こったので、近所の防犯カメラは犯人逮捕につながる有用な映像を記録していませんでした。監視ビデオを確認すると、画像はぼやけていてノイズがいっぱいで、証拠には向いていません。

近隣の公園は、街の喧騒から離れて休憩できる静かな場所です。しかし、夜の都市公園は危険と同義語です。 通行人は 夜、身の安全のために用心深くなければなりません。防犯カメラシステムは近年、都市公園で一般的になりつつありますが、高解像度の暗視映像やカラー記録など、まだ満たすことができない多くのセキュリティ要件があります。

今日、この問題を効果的に解決するために、Hikvision ColorVuテクノロジーを搭載したカメラは、監視機能を暗闇の中に拡張して強化します。鮮やかな彩度の高い画像を撮影し夜間の覆いを無くします。

Hikvisionは、過去数十年にわたりビデオ監視技術を改善、発展させ、 ビデオ監視メーカーとして革新的な新機能を備えた製品を開発してきました。

Hikvision ColorVuカメラは、ハードウェア技術の画期的な進歩から生まれた、
2つの強力な機能を備えています。1つは 低照度でも細部を捉える機能です。従来のレンズとは対照的に、ColorVuレンズは最大F1.0に達するスーパーアパーチャを備えています。これにより、より多くの光をレンズに入射させることができ、イメージングの明るさを高めることができます。

Hikvision ColorVuカメラレンズには、広帯域反射防止(BBAR)コーティングおよび極低分散(ED)光学ガラスも含まれており、光のフレアを減らし、画像の鮮明さと彩度を効率的に再現します。これらのテクノロジは、光のフレアによって妨げられる重要な情報を効果的に取集します。

ColorVuカメラは、超低照度環境でも高解像度のカラー画像が必要とされる監視用途向けに設計されています。Hikvision ColorVuカメラセンサーは並外れた光電変換効率を発揮します。これらは高度なセンサー技術 – 光の利用を大幅に改善する新しい集光構造を採用しています。ColorVuカメラでは、最低限の光量でも鮮明で鮮明な画像が継続的に提供されます。同時に、ISP上での自己適応型3D DNRアルゴリズムは高い画像品質を保証します。

さらに、設計プロセスでは極端な光条件が考慮されます。ColorVuカメラには暖かい補助光が装備されているため、光源がまったくない場合(星明かりや街路灯でさえ)、カラフルなイメージングを保証できます。この機能は環境にやさしい、柔らかく、暖かい照明を提供して、照らされている物体の変色を減らします。

その結果、Hikvision ColorVuカメラは、低照度条件下で24時間365日、明るいカラービデオ映像を提供します。照明のない公共の場所、工業団地の夜間のセキュリティ、暗い交差点など、さまざまな用途で鮮やかなカラー画像を録画するのに優れています。セキュリティ要件として今後、あらゆる場所での色情報が特に重要です。

一例として、一般に、容疑者の車両のナンバープレート情報は、交通事故調査において極めて重要である。ただし、車両に免許が付与されていない場合やナンバープレートが故意に不明瞭になっている場合は、車両はその(製造会社名、モデル、特に色)によってのみ調査できます。そのため、照明条件が悪い場所、完全に暗い場合でも、Hikvision ColorVuカメラは貴重な色情報を録画し提供します。